top of page

第1章 小学生でもわかる!プログラミングJava開発の基礎知識

更新日:2023年6月24日

ここでは、JavaでWebアプリを開発するために必要な基礎知識を紹介していきます。開発に必要なJDKのインストール方法やプログラム作成と保存法、コンパイルと実行など、開発手順を解説していきます。


【開発するために必要なJavaの基礎知識】


【アプリケーション作成に欠かせないクラスとファイル】

・Webアプリ開発に欠かせないJava Servletクラス

Webアプリを開発するならJavaServletなどの知識が必要です。Java Servlet(ジャバサーブレット)とは、JavaでWebアプリを開発するときに必要なクラスのひとつです。Java Servletは業務用のWebシステムを開発するときに幅広く活用されています。サーバ上で動的なWebページを生成したりデータ処理を行ったり、アプリを開発するために作られたプログラムの1ページのようなものです。Servletクラスでは、プログラムが表示されるときにページや各機能がどのように動作するかを生成します。


・動的Webページを生成する際に必要なJSP(JavaServer Pages)ファイル

JSPとは、Servletと同じサーバサイドプログラムの技術です。Servletは全てJavaで記述してコンパイルを行いクラスファイルを作成するのに対し、JSPはHtmlの中にJavaのコードを埋め込み、動的なWebページを生成します。プログラムで処理が必要な部分だけ記述するため、Htmlページ出力がメインの時はすっきりと記述できるのが特徴です。どのように画面に表示されるのかはJSPのプログラムの組み方次第とも言えるでしょう。


【まとめ】

・ServletとJSPの違いとは

つまり、ServletはJavaのコードの中にHtmlがあるようなもので、JSPは、Htmlの中にJavaのコードがあるようなものと覚えておくとわかりやすいでしょう。そもそも、JSPはServletに変換されてから実行される仕組みなので、JSPとServletは実質的には同じものといえます。


つまり、同じ機能のWebアプリを作る場合、ServletとJSPはどちらを使っても作れます。


しかし、一般的に動的Webページは、ユーザーの要求を受け処理を行うServletクラスのソースファイルの指示に従い、JSPで動的ファイルを生成しWebページ画面上にレスポンスを表示するといった流れで作成されるのが主流です。


・なぜServletとJSPの2つがあるのか

この一連の作業を分担してやるためには、プログラマーとデザイナーの協力が必要となります。Javaなどプログラミングが得意なプログラマーと、HtmlによるWebページの作成が得意なデザイナー。ServletクラスでのプログラミングとJSPファイルでの生成、この2つの手段をうまく連携させ、ひとつのWebアプリを作るというわけです。


例)

ユーザーが検索をかける

サーブレットがリクエストを聞く

サーブレットがJSPにリクエスト内容と処理をフォワードする

受け取ったJSPがリクエストに対するレスポンスを表示する





閲覧数:58回0件のコメント

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page