top of page

短期集中で痩せる!かんたん減量スープレシピ(サンプル)

ダイエットに効果的なダイエットスープをご存知ですか。ダイエットスープとは、野菜たっぷりのスープを食べて健康的に、さらに効率よく痩せるダイエット法のひとつです。今回はダイエットスープの食事法やダイエットスープについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。


ダイエットスープで健康的に痩せる

ダイエットに興味のある方なら「ダイエットスープ」または「脂肪燃焼スープ」という言葉を1度は耳にしたことがありますよね。ダイエットスープはお腹いっぱい食べながら脂肪を燃焼させ、老廃物を排出していく健康的で人気のダイエット法です。


このダイエットが誕生したのは、海外の病院で肥満の患者さんが減量するため考案されたのが始まりと言われています。安全に手術を行うために、短期間で無理なく減量する方法として生まれました。効果や方法にも定評があり、体に負担をかけずに無理なく効果が期待できると注目を集めています。


決められているいくつかのルールを守るだけで、短期間のうちに効果が期待できるダイエットスープ。なぜ痩せるのか、いったいダイエットスープとはどういうスープなのか紐解いていきますので、しっかり読んでダイエットを成功させましょう!


ダイエットスープとは

野菜がたっぷり入ったスープで、1週間の決められたメニューを食べることで効率的に脂肪を燃焼させ、健康的に痩せると認証されているスープです。


医療機関で考案されたメニュー

医療機関で考案されたのが始まりです。手術を目前にひかえた肥満の患者さんを短期間で安全に減量させるために作り出されたメニューとなっています。体への負担も考慮されていて、きちんとルールを守って食事をすれば通常1週間で2〜3kgほどの減量が可能です。なかには7〜8kgほど痩せる方も。


栄養バランスが考えられた低糖質・低脂質のスープ

ダイエットスープで使用する野菜は食物繊維が豊富で低糖質・低脂質のものばかりです。そのため摂取カロリーがとても低くなります。たっぷり食べても通常の食事で摂取するカロリーよりずいぶん抑えられ、腹持ちも良いのでダイエット特有の空腹感に耐える心配も少ないのも特徴です。


簡単に作れてコストパフォーマンスが高い

スープで使用するのは野菜のみ。効果な食材を必要とせず、切って煮るだけで完成するとても簡単な料理です。電子レンジでも作れるので、忙しい方でも比較的取り入れやすいレシピとなっています。



ダイエットスープの特徴

ダイエットスープとはどのような特徴があるのか、ダイエットスープがもたらす特徴とその効果をご紹介します。


脂肪燃焼されやすい

脂肪燃焼スープと呼ばれるだけあって、ダイエットスープの食事法は脂肪燃焼効果を考えて構成されています。糖質の摂取量を減らすことでタンパク質や脂質がエネルギー源として利用されるようになり、脂肪が燃焼しやすくなるのです。こうして短期間で体重を減らしていきます。つまり、ダイエットスープは低糖質ダイエットと同様の効果が期待できるんです!


腸内環境が整いやすい

スープに使用する具材は食物繊維を多く含んでいます。水分も多く含んでいるので便秘の解消にも役立ちます。老廃物の排出がスムーズに行われることで腸内環境の改善が期待でき、ダイエット中の水分不足による肌荒れも予防可能です。


しっかり食べれば体を冷やさない

ダイエットスープを食べると、血液の循環が良くなり体が芯から温まります。ダイエットに大敵な「冷え」を予防し内臓脂肪の増加を抑制しましょう。肩こりの解消を期待できるほか、新陳代謝の向上にも期待できます。



ダイエットスープの食事法

1週間のダイエットスープの食事の摂り方について解説していきます。すべての食事のときにダイエットスープを食べ続けるのが基本です。


まずは7日間のダイエットスケジュール

ダイエットスープを取り入れたダイエットスケジュールは以下の通りです。

・1日目 3食ともダイエットスープ+バナナ以外のくだもの

・2日目 3食ともダイエットスープ+夕・茹で野菜(豆類・とうもろこしは除く)

・3日目 3食ともダイエットスープ+バナナ以外のくだもの+茹で野菜(じゃがいもはNG)

・4日目 3食ともダイエットスープ+バナナ1本×3食+スキムミルク500ml

・5日目 3食ともダイエットスープ+肉を好きなだけ+昼・夕トマト6個

・6日目 3食ともダイエットスープ+肉を好きなだけ+昼・夕茹で野菜

・7日目 3食ともダイエットスープ+玄米ご飯



食事法についての注意点

食事はすべてダイエットスープ+〇〇です。スケジュール以外のものは取り入れないようにしましょう。


糖質が高いバナナは4日目からの摂取になります。野菜は基本、蒸すか茹でるかして調理しましょう。2日目の茹で野菜は、じゃがいもやさつまいもを夕食時に摂取していきます。ただし、そのほかの通常時の茹で野菜には、じゃがいもなどのイモ類は控えるようにしましょう。


5日目からの肉は魚で代用することも可能です。肉の場合、脂身の少ない赤身の肉がおすすめ。牛・豚・鶏、お好きな肉を好きなだけ食べてタンパク質を補給します。ダイエット中は水分不足になりがちなので、忘れずに水やお茶で水分補給もしましょう。


飽きずに続けるコツ

飽きずに続けるには味のアレンジも知っておくと良いでしょう。スープにお好みのスパイスを使って洋風のスープにしてもいいし、味噌や醤油で和風にしても楽しめます。食べ応えが物足りない時は、肉が食べられる4日目以降ならスープに豆腐を加えることができます。

ダイエットスープダイエットのルール

ダイエットスープでダイエットを行う際、守らなければならないルールがあります。ダイエットを成功させるためにも以下の事柄に注意しましょう。


食事のスケジュールを守る

基本中の基本です。ダイエット中は食事のスケジュールは厳守してください。ただし、体に無理を感じた場合は速やかにダイエットを中断してご飯をしっかり食べて体調を整えましょう。


開始前24時間は禁酒

ダイエットを始める24時間前からアルコールは摂取しないようにしましょう。もちろん、ダイエットを行っている間もアルコールは控えましょう。


糖類(人工甘味料や砂糖)は使わない

糖質を抑えたいので糖類は使わないようにしましょう。砂糖はもちろん、人工甘味料も使いません。


飲み物はコーヒー・お茶・水・100%ジュースのみ

ダイエット中は水分不足になりがちです。そのため、適度な水分摂取が必要となります。コーヒーはブラック、ジュースは甘味料の入っていない100%のものにしましょう。また、一気に飲み過ぎてしまうのも腎臓に負担がかかるので注意しましょう。


小麦粉製品や揚げ物を食べない

決して揚げ物や小麦粉製品を食べないように心がけましょう。1週間の短期集中ダイエットなので食事スケジュールは必ず守ってください。


スープの量を減らしてはいけない

過度に痩せようとしてスープの量を減らしてはいけません。必要な栄養素がたっぷり含まれていますので、毎食必ず1杯は飲むようにしましょう。



ダイエットスープのレシピ

とても簡単に調理できるダイエットスープのレシピをご紹介します。


作り方

・水を張った鍋に食べやすい大きさに切った野菜と調味料を入れて煮るだけ。

・仕上げに塩コショウで味を整えます。


材料

・キャベツ

・玉ねぎ

・にんじん

・ピーマン

・セロリ

・トマトまたはトマト缶

・コンソメ適量

・塩コショウ

そのほかの野菜で代用もできます。

セロリ→モロヘイヤ・ほうれん草など

キャベツ・ピーマン→ブロッコリー

にんじん→ほうれん草・かぼちゃ

このほかに代用できる食材として、きのこ類やこんにゃく・しらたきなどローカロリーなものも使用可能です。


まとめ

ダイエットスープについてご紹介しました。短期集中型ダイエットとして知られているダイエットスープは、短期的に体内をデトックスして腸内環境の改善作用を利用し、痩せることを目的としています。そのため食物繊維やカリウムを多く含む食材が中心となっています。たった1週間で効果が期待できるダイエットスープ、体内のデトックスも兼ねてぜひトライしてみてくださいね!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2 Post
bottom of page